マイ・ヒーロー

私の日常には、生まれてこのかたずっとヒーローが存在している。 その時々で変わるがほとんどがスポーツマン。でも、そんな中で、20年くらいずっと変わらぬヒーローが2人いる。1人アスリートのイチロー選手、もう1人は俳優の木村拓哉さん。 ヒーローって、どんなにボコボコになってる時でもほんと、カッコいいんだ。 だから、太刀打ちできないんだって。その思いを書いて行きたい。

生歌〜〜AI&リリー&…拓哉

二子玉川の中央広場で聴いてきた。
上手い人の生歌は、聴いてるだけで感動した。
凄いパワーだ、歌の力って。伝わる、ずんずん心に響いたよ。
STORYは、やはり最高だった。
雨に濡れながらのパフォーマンスを雨に濡れながら聴いていた。
f:id:tyaukkuiyea:20161128020708j:plainf:id:tyaukkuiyea:20161128020634j:plain
f:id:tyaukkuiyea:20161128020803j:plain
雨降る薄暮の空が、歌が進むに連れだんだん暗くなり、何か神秘的だった。
無料で集まった人たちの中には、ファンだろうAIさんの団扇やタオルを持って、時折オーロラビジョンに映し出される。
その様子を見ているとジーンとしてきた。

去年まで、私も団扇やタオル持っていたな。
永遠なんてない。そんなことはわかっていたけれど、ひょっとして、私は天国からでも拓哉の、行くぞー!を観たいななんて、思ったことも事実。誰にも邪魔されず空から思う存分拓哉に魅了されたい。なんてね。

そんな空間、またいつの日か来るのかな。
ソロLive、楽しみにしていたい。
夢を持つって素晴らしいことだもの。
拓哉、どうぞヨロシコ!!